デパス副作用の副作用体験談

デパスの副作用問題〜私の断薬体験談


デパス副作用の体験談を書きます。

 

  • 不安や緊張対策で、、、
  • 睡眠導入目的で、、、

 

「医者でデパスを処方されて飲んでいるけど、副作用や依存が心配になってきちゃった。。。」

 

このまま薬に頼っていったら、どうなっちゃうの?

 

 

デパス錠を飲めば、確かに不安も落ち着くし、安眠もできる。

 

でも、やっぱり薬なので依存性は気になりませんか?

 

こういう不安って
一度考えだした不安が不安を招く悪循環になることが多いです。

 

私もデパス副作用の悪循環に悩まさせれました。

実際に飲んでいた薬はデパスだけではありません。

 

写真にあるだけでもセルシン、ジアデパム、メイラックス、デパス。。。

 

デパスのジェネリック

さらにデパスのジェネリックでは、
グペリース、サイラゼパム、デムナット、ノンネルブ、エチゾラン、モーズン、エチゾラム、アロファルム、エチカーム、エチセダン、エチドラール、セデコパン、デゾラム、カプセーフ、パルギン、メディピースなどがあります。

 

自分でも気づかないうちにデパスのジェネリックを飲んでいた可能性も、、、

 

ジェネリックや市販薬だからといって効果や依存性が弱いとは限らないんです。
むしろ、リスクはほとんど同じです。

 

今まで飲んだ数はかなりの種類があります。

 

ある意味、もう抗不安薬についてはベテランです(まったく自慢になりませんが)

 

 

ですが
(私が知らなかっただけなのかもしれませんが)

 

 

デパスを飲まない方法もありました。

 

>>デパスを飲まない代わりに選んだ食品の体験日記

 

このサイトでは

1番怖いデパス錠の副作用
個人的にデパスの代わりに飲んでるセロトニン栄養機能食品

>>>この食品の公式詳細はこちらで確認できます

 

などについてお話します。

 

<デパスの副作用>

デパスは抗不安薬ですが、高血圧や肩こりなど、幅広く処方されているので副作用の種類も多いです。

  • 悪性症候群
  • 高熱
  • 筋硬直
  • ふるえ
  • 発汗
  • 頻脈
  • よだれ
  • 意識障害
  • 骨格筋障害

 

この他にも
けいれん、不眠、失禁、ねむけ、めまい、ふらつき
頭痛、まぶしい、眼が乾く、眼のかゆみ・かすみ、眼瞼けいれん
が、あります。
服用を急にやめてしまうと、せん妄や手指の震えなどの神経症状が起きることも。

デパスの副作用が強く出るケース

デパスなどの薬の副作用は吸収性によっても大きく変わってきます。

 

直前に食べた食べ物と混ざって吸収されていくので、過剰に吸収性が早まる事もあります。
そういった場合は、副作用も強く出てしまうようです。

 

また、セロトニンに関与する食べ物と一緒にデパスを服用すると
効果が強くなり、それに続いて副作用も強く出ます。

 

副作用が出にくいデパスの飲み方って?

薬はあくまで水で飲むといった形を想定しているので
牛乳やお茶、コーヒー、アルコールなどで飲むと、どんな副作用が起きるかわからないんです。

 

それと
食べ物の成分との拮抗(打ち消し合う)効果も重要です。
特にカフェインとデパスなどの薬は打ち消し合うので要注意です。

 

デパスで緊張をほぐすのに、カフェインで興奮させてしまっては意味ないですよね。

 

で、効かないからと言ってデパスの量を増やすと副作用だけが増えていきます。

高齢者のデパスの副作用

最近は、高齢者のデパス乱用⇒深刻な副作用問題がニュースになってたりしますね。

 

高齢者の場合、同じデパスでも
薬の代謝能力が低下しているので効きすぎる事が多くなります。

 

普通に服用しているだけなのに転倒したり、ふらつきやすいのは、この為です。
時間がたっても薬が体内から消えないのです。

 

さらに肝臓や腎臓に気が付かない病気が潜んでいたりすると副作用のリスクも高くなります。

 

認知機能低下により、飲み忘れたと2回、3回分を一気に飲むことで深刻な副作用が出ることも。

 

過量服用を防止するために
目立つシールやテープ、書き込み、ドラッグケースなどで間違えにくくする事が大切です。

セロトニン症候群の危険性が高まる飲み方

デパスとトリプトファン配合の栄養サプリメントなどを一緒に服用するとセロトニン症候群が起こる可能性があります。

 

セロトニン症候群では
急激なセロトニンの増加による興奮、ふるえ、攻撃性、錯乱、イライラなどが起きます。

 

デパスなどの抗不安薬にはセロトニンを増やす作用があります。
これにセロトニンの原料であるトリプトファンを加えてしまうと急激なセロトニン増加が起きてしまいます。

 

デパスを飲んでいる人は
市販のサプリメントに含まれることの多い「Lートリプトファン」に注意が必要です。

 

セントジョーンズワートなどのハーブとの同時服用も危険です。
ピペルフォリンという成分が抗うつ薬に似た作用があるので副作用が強まるとされています。

デパスの一番怖い依存

 

1番問題なのが、依存性です。

 

>>デパスを飲まず依存のない睡眠系食品を試した結果

 

私は比較的効果までが早く、服用して15分ほどで効果を感じていたこともあり、
これは安心だと頼りきってしまい、薬物依存になっていたと思います。

 

 

特別、依存で
大きくどうのこうのっていうのは幸いありませんでしたが、
家に薬を忘れてくるとソワソワして仕事にならない事はありました。

 

 

それと
長期連用で効果が弱まってくるのもデパスの特徴で、
大量に服用してしまう原因にもなるんです。

 

 

この悪循環にハマるのがデパス1番の危険性だと言ってもいいと思います。

 

副作用も怖いですが、何よりも精神的な負担が増えるのが一番怖いです。

 

 

デパス錠は、おだやかに精神を鎮静させつつ、安心して睡眠導入できるお薬です。
不眠症をメインとした改善薬として、一般的にも多く出回っているお薬になります。
その主成分はエチゾラム。

 

 

エチゾラムと書かれた錠剤を処方された方も多いかと思いますが、効能的には同じです。
不安や緊張を和らげるのが目的ですね。

 

 

短期的な服用に関しては、問題ないかと思います。
ですが、ある一定期間を過ぎた当たりから、私には依存性があらわれました。

 

※特に高齢者の依存は転倒や痴呆の危険が伴います。

 

デパスの依存性があらわれたら、もうやめられないのか?

 

 

急にやめてしまうのは危険です。
離脱症状が起きる可能性があります。

 

 

なので、有効な方法としては
食品で、副作用もないものへ移行していく方法がありました。

 


そういったものの中でも
デパスのセロトニン増強効果に似ていて
副作用や依存性がない
栄養機能食品
ドリンクを試してみました。

>>>このドリンクの【公式】の詳細はコチラで確認できます。

 

基本的には睡眠改善ドリンクということになるようですが、主成分がセロトニン分泌に好影響を与えるということで、結果的に抗不安にも効果が期待できるそうです。

 

セロトニンと不安の関係

 

セロトニンは不安・緊張をコントロールしている脳内物質です。
これが減ってくると平常心を保てなくなります。

 

つまり、緊張状態がつづいていまうんです。

 

不安症の多くの方が不眠を感じているのは、このためです。

 

 

デパスなどが処方されている方の場合、
セロトニンが常人の半分以下に減っていることが考えられます。

 

 

上記のセロトニン系ドリンクでは

 

あくまで食品ということなので、薬と同時に飲むことがデキるため、
徐々に薬をやめてゆく時の安心要因として使えるようです。

 

味とか成分とかって、どうなの?

 

味については
モニター105人中96人が飲みやすいと答えているそうです。

 

 

私個人的な感想ですが、

 

まず気になるのが匂いでした。
ちょっと漢方薬っぽい匂い

 

確かに匂いを気にしなければ原液でも平気です。

 

 

試しに家にあったグレープジュース的なもので割ってみたら、完全に味も匂いも消えました。

 

こんな感じで今も継続しています。

 

追記
先日、味が変わったという情報を見かけました。
>>詳しくはコチラで説明されています。

 

 

私のリアルな実感

 

 

まず、初めて飲んでみて感じたのが、みぞおちのあたりのスッ〜とした感覚です。

 

今まで感じていた内臓が重い感覚が和らいだように感じました。

 

 

この時点では薬も平行して飲んではいました。

 

 

明らかに変化を感じたのは3日目くらいだったと思います。

 

 

いつもは布団に入ってからもアレコレと考えが巡ってしまって、なかなか眠れないんですが
かなりスムーズに眠くなりました。

 

スマホを見ていたのに眠くなりました。

 

ちなみにいつも夜は、
薬は眠れない時に飲んでいました。
翌朝の副作用がイヤだったので。

 

 

このあたりから、夜に薬を飲まなくても大丈夫になりました。
人それぞれなのかもしれませんが、かなり早い効果だと思いました。

 

薬を飲まなくても大丈夫かも?

 

という安心感はスゴく大きかったです。

 

 

これがセトロニンに影響が

 

 

まだ1本目です。
正直価格は安くはないと思いますが、
けっこう長く飲めるので良いです。
薬よりはずっと安心。

 

1日200円くらい。

 

 

今、飲んでいるのはほぼ夜なので、次は昼間に携帯して飲んでみようかと思っています。

 

セロトニン分泌異常を補うだけなので仕事中に飲んでも眠くなることはないそうです。

 

仕事中の体験談もこのサイトで公開しますね。

 

 

※マインドガードdxはキャンペーン価格で買えるタイミングがあるので
高い時は買わない方が良いと思います。
(長く見てますが経験上22%OFFが最安値だと思います)
>>>http://kokoronoaojiru.
com/特設お試しキャンペーン/

 

 

ちなみに市販のノニも飲んでみましたが、
価格が高いのと、味がキツすぎました。

 

失敗しないようにしてくださいね。

 

ここからは直接、マインドガード販売会社に電話で質問してみた内容です。

 

主成分は、休息ハーブ。

 

「クワンソウエキス」という【眠り草】とも呼ばれている「植物エキス」が濃度で配合されているそうです。

 

一般的な睡眠サポートサプリとの違いは、このクワンソウの濃度で
15倍以上あるそうです。

 

 

抗老化のレスベラトールも入っているのですが、
この役目は精神的ストレスで脳が受けてしまったダメージを修復する目的

 

 

利用者の多くが、精神的な問題と並行して
セロトニン不足の睡眠異常に悩む方だそうです。

 

 

その他、私のようにデパスを始めとする
抗不安の副作用が心配な方も購入しているそうです。

 

その他も質問して、まとめました。

薬の成分は本当に入っていないの?

医薬品となる原料は一切配合されていません。原材料は全て日本国内で天然食品として認められているものだけです。

長く飲み続けても大丈夫?

あくまで食品ですので全く問題ありません。ただし、一度の大量摂取はなさらず、ご自分の健康維持目的に合わせたペースで楽しく続けてください。

妊娠中でも飲めますか?

主原料の「モリンダシトリフォリア」は妊婦さんの栄養不足を補うために飲まれています。ただし、飲み過ぎは偏りの原因になってしまいますので、「1日1杯」がベストです。

匂いは何とかなりませんか?

天然のノニも使用していますので、独特の匂いが出てしまいます。こちらに関しましては、野菜ジュースやフルーツジュースに混ぜていただいた結果、気にならなくなったというお声をいただいております。現段階では、成分の質重視の為、匂いの変更予定はございません。

 

 

<スポンサードリンク>

なぜか?このサイトに寄せられたデパス副作用体験談です。
副作用の体験はたくさんあるようです。

 

【りりこさんのデパス副作用】

私は以前、不眠症や日中、不安で人が怖かったり、震えてしまったり、人の目が気になってしまい、不安を感じた時にデパスを服用、また夜の睡眠時の導入剤として、ほかの睡眠薬と一緒に服用していました。
確かに服用すると不安の解消や睡眠時のサポートとしては良い薬なのかもしれません。
ただ、デパスが効いてるあいだは、頭と体がふわふわしたような、ぼーっとしたような状態になり、何一つやる気がおきなくなります。
それに加えて、デパスの効き目が切れると、また不安に襲われることもあるのです。
服用して精神が安定しても、不安に襲われると服用、その繰り返し。
10年以上使用していましたが、子どもを産んだことをきっかけに、すべての薬の服用をやめました。
ただそこにも大きな落とし穴があり、デパスや他の薬をやめて、睡眠がとれなくなり、、また不安に襲われても必死に耐えることとなります。
それだけでなく、薬自体が体からだんだん抜けていく時に、大きな心の不安、全身の震え、体力低下、食欲不振等になり、特に全身の震えが起きた時には、麻薬が体の中から抜けていくような感じと似ているのかもしれません。
安定剤として、服用するなとは言いません。
むしろそれで精神が安定するならば、医師の処方の元、服用するのは手ではあります。
ただ、上記のようなデパスを服用している際の副作用、デパスが体から抜けていく様。
それは体験したひとにしかわからないかもしれませんが、市販薬にも記載されているように、用法用量を守って、正しく服用することをおすすめします。

 

【めんまさんのデパス副作用】

デパスを初めて服用すると、急激な眠気に襲われてすぐ眠ってしまいます。
そして、体が受け付けないと吐き気を催すこともあります。
私は何の向精神薬も飲んでいないときに、鬱の傾向があることからデパス0.5?を処方されたのですが、初めて飲んだら5分経たないうちに眠ってしまいました。
その日は0.5g1錠だけで半日寝ていました。
翌日起きるとふらつきと吐き気を催しました。
嘔吐まではしませんでしたが、ふらつきは1日続きました。
処方された通り、一日三回飲んでいたら、体が慣れてきて1錠だけでは眠れなくなり、イライラも治まらくなったので1gに増えました。
そのうち、1gを一度に2錠の服用になり、他の向精神薬も出されるようになりましたが、向精神薬を長年の服用は体に良くない、依存性が高いと聞き、減薬を決意しましたが、離脱症状もひどかったです。
デパスを1?から0.5gに減らすと、体の痒み、ふらつき、猛烈な吐き気に耐えられず1日に何度も嘔吐しました。
もちろん眠れなくなりますし、頭の中でずっとシャンシャンと音がして、手足はビリビリと痺れます。(シャンビリと言う人も多いみたいですね。)
1ヶ月ほどそのままの状態が続くので、耐えきれなくて元の処方されていたデパスをまた飲み出してしまう人も多いそうです。
現在はデパス0.25gを一日1錠だけ服用していますが、断薬になったときに離脱症状がまた出るのかと思うと怖いです。

 

 

【もこさんのデパス副作用】

私がデパスを服用しはじめたのは5年前くらいです。その当時、パニック障害と診断され、精神安定剤としてデパスも処方されました。のみ始めた頃に感じた副作用は、ボーッとすることと、眠気です。常に一日中眠気と戦っている感じで、パート先でもうとうとしてしまい、周りに迷惑がかかるし、仕事もまともに出来なくなり、しばらく休みを取りました。子供がいるので、朝起こして朝食を作る、という行為だけでもとても辛く、集中してさっと終わらせる事が出来ませんでした。一日中ベッドに入っており、旦那からも呆れられ、でも薬を飲んでいるとパニック障害の症状が抑えられているのでデパスを飲むのを止めませんでした。のみ初めて1ヶ月、一向にボーッとする感じが治らなく、パートもせっかく働き始めた職場だったのですが、やめなくてはいけなくなり、自主退社という形になりました。そのうち子供にまで呆れられ、一日中眠いなんてただの怠け者じゃないかと責められ、もう耐えきれなくなり自殺未遂したこともありました。でも、このままではいけないと思い、心機一転するために、医者を変えてデパスをやめました。今は安定剤なしでも大丈夫なくらい、回復しています。デパスの副作用は強いので、飲む際には気をつけてほしいです。

 

 

【アーヤさんのデパス副作用】

私の母はここ数年睡眠不足に悩まされていました。
そして病院に行ってそのことを医者に話したらデパスを処方してくれました。
この薬は母の体質に合ったらしくデパスを服用するとぐっする眠ることが出来るので、服用した次の朝はすっきりした顔をしています。
私は母のその顔を見て安心したのですが困ったこともありました。
先日母がデパスを飲んだ後に便所に行くために立ち上がったのですがフラフラしてしまったのです。
トイレは1階にしかないのですが母の部屋は2階にあるために、トイレに行くには階段を下りる必要があります。
しかしフラフラになってしまったために階段を下りることが出来ずにいたのです。
その時は私が肩を貸してなんとか階段を下りることができたのでトイレにいくことが出来たのですが、そういった症状が珠に出てしまうみたいです。
またデパスを飲むと強烈な眠気に襲われるためか、それを服用して数時間後に話しかけてくる時は何を言ってるのか分からない時があります。
そしてよく分からないことを口走るので私は困ってしまうことがあります。
しかし翌朝母にそのことを話しても全く覚えていないそうで、私に話しかけたことすら覚えていないのです。
デパスを服用するとこのような症状に見舞われることもあるので、この薬を飲む時には十分に気を付けた方が良いと思います。

 

【ちかさんのデパス副作用】

デパスにはムダな緊張を和らげたり、精神状態を安定させる効果はあるんですが、その効果のせいか眠気や脱力感、倦怠感があるので、普段お仕事で運転される方、専業主婦で家事をする方(特に料理など)仕事でどうしても集中力が必要になる方、は控えたほうが良いと思います。わたしも服用してるのですが、最近は気持ちが落ち着いてきたので飲むことは少なくなったのですが、いろんな面で支障がでる場合がありました。わたしの仕事は営業で、外に出る事が多く運転が必要だったのですが、やる気が起きなく手を抜いてしまったり、常に眠く居眠り運転をしそうになった事がありました。その場合その時その時に近くのコンビニで仮眠をとってたのですが、いくら仮眠をとっても足りず、結局毎日が同じ事の繰り返しで、変に完璧主義なところがある自分には納得のいく1日を過ごす事が減りました。仕事が終わり、家に帰っても家事をする気になれず、ご飯は手抜きになったり洗濯物をため込んでしまったりめんどうな事を後回しにしてしまう事が多かったです。デパスは気持ちを落ち着かせる事は出来ても、上げることは出来ないので飲む前にお医者さんと話し合い、副作用や、用途を確認しておくと良いと思います。

 

 

気分変調性障害になりやすい人の特徴

 

以下に気分変調性障害を患いやすい人間の特徴あげます。

仕事に対してはとても熱心でありながら、自分の能力以下の仕事でオッケーとしてしまう。
自分の能力以下の色についていると思う。頑固に変化を受け入れないことがある。
コミュニケーションスキルがない。
ものごとに対して臆病で、社交的に引きこもってしまいがち。
リスクに対して恐怖がある。
睡眠時間が長い。
独身である、離婚している。もしくは結婚している場合でも関係が良くない。
他の医学的な問題に悩んでいる。
他の精神保険の問題に悩んでいる。特に大うつ病、不安障害、パニック障害、薬物依存、境界性人格障害など

 

 

また、気分変調性障害を患っている人のほとんどは、
その症状が慢性的な軽度のうつのことであると認識せずに、頭痛、倦怠感、あるいは胃がいたいと言ったストレス的な問題だと傾向つけてしまいます。

 

そのため医者行ったとしても、精神的な症状をあまり報告することがありません。
症状報告しないと言う事は、それに対して適切な判断がつかないということになります。

 

そういった症状をきちんと報告しない状態で医師がうつ病を見つけ出すのにはかなりの経験が使用になります。

 

もし上記のような症状が行く疲れてるようなら、またその症状が長い間ついているようなら、精神科医の診断を受けるようにしましょう。身体的な検査受けることで、体の病気、処方薬やその他の精神障害が抑うつ気分の原因になっている可能性を除外することができます。

<スポンサードリンク>

<プライバシーポリシー>

当サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。

 

個人情報の取り扱いについては下記の通りになります。
下記のことから個人情報の漏えいや、電話、手紙などのセールスなどは一切ありません。

 

・広告配信プロセスの中でデータを収集するために、
Cookieやウェブビーコンを使用しています。
・収集したデータは、情報収集目的のみです。
それ以外の使用はありません。

 

もし、第三者(Google Adsense社)へのデータ送信を拒否したい場合、お手数ではありますが
ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスして頂きますようお願い致します。

 

詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧頂きますよう。
http://www.google.com/intl/ja/privacy.html